鹿児島大学病院と地域を医療でつなぎ、地域医療体制の整備を担う。地域医療支援センター

南さつま市 在宅医療シンポジウム「地域で生きるために」

 平成27年2月15日(日)に南さつま市で南さつま市在宅医療シンポジウム『地域で生きるために』~南さつま市の医療をどうするか~ が開催され、南さつま市の地域住民等から約516人の参加がありました。 

 ご参加いただきました方々、本当にありがとうございました。

シンポジウムの様子

sicho      

講演「南さつま市の現状」

 南さつま市 本坊市長

     oowaki 

講演「日本・鹿児島県地域医療の現状と地域枠医学生制度」

地域医療支援センター センター長 大脇

 ikeda            

講演「垂水地域の在宅医療について」

垂水中央病院 池田先生

 discussion

パネルディスカッションの様子

当日お配りしました資料もご覧ください

☆南さつま市シンポジウム チラシ☆

 
  • 地域医療の相談窓口
  • bn doctor.shortage.p
  • bn supportoftraining
  • sidemenu bannercaria
  • sidemenu bannerjyouhouhassin
  • bn activity
  • sidemenu traningprogram
  • sidemenu banner.database
  • sidemenu lecture
  • sidemenu newsletter
  • bn segodon

このページのTOPへ