医療関係者向け検索サイト。病院検索やガイドブックなど鹿児島県の医療・福祉にご活用ください。

メニューへ戻る

最終報告日 2016.01.18

4-4 地域密着型サービス(介護保険)

4-4-3 夜間対応型訪問介護

[解説]

24時間安心して在宅生活が送れるよう、巡回や通報システムによる夜間専用の訪問介護です。

 

サービスの内容

表4-4-3-① サービスの内容

定期的巡回サービス 夜間帯(18~8時)に定期的に巡回して行う夜間対応型の訪問介護です。
オペレーションセンターサービス あらかじめ利用者の心身の状況、その置かれている環境などを把握した上で、利用者からの通報を受け、通報内容などをもとに訪問介護員(ホームヘルパー)などの訪問の要否等を判断するサービスです。
随時訪問サービス オペレーションセンターなどからの随時の連絡に対応して行う夜間対応型の訪問介護です。

 

[対象者]

  • 要介護1~5の人  ※要支援1・2の人は利用できません。
  • 地域密着型サービスのため、原則として住んでいる市町村の事業所を利用することになります。

 

[利用者負担]

原則として以下の「サービス費用のめやす」の1割(一定以上所得者は2割)負担です。

表4-4-3-② サービス費用のめやす(夜間対応型訪問介護) 1単位=10円で計算 (平成27年度)

要介護1~5
■サービス費用 1か月 9,810円

※上記の利用料は、あくまでもめやすであり、利用状況により異なります。

 

[補足]

  • 地域密着型サービスは、地域の実情に応じて実施されますので、市町村によって実施されているサービスは異なります。
  • 社会福祉法人等利用者の負担額軽減(国の特別対策)
    世帯全員が市民税非課税世帯で、一定の要件を満たした生計困難な人が社会福祉法人などの提供するサービスを利用する場合、介護サービス費の利用者負担額の1/4が軽減されます。

 

[リンク・参照ホームページ]

WAMNET >> サービス一覧/サービス紹介
http://www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/kaigo/handbook/service/

介護サービス情報公表システム >> 公表されている介護サービスについて
http://www.kaigokensaku.jp/publish/

 

[市町村の例および違い]

市町村例および違い
   
 

このページトップへ戻る