医療関係者向け検索サイト。病院検索やガイドブックなど鹿児島県の医療・福祉にご活用ください。

メニューへ戻る

最終報告日 2016.01.05

5-6 居宅サービス(通所以外)

5-6-10 生活サポート

[解説]

継続した地域生活を支援

市町村の判断により日常生活の支援や家事援助が必要であると認められた人に、ホームヘルパーなどを派遣し、家事援助を行います。

 

[対象者]

主に障害支援区分認定が「非該当」の障がい児・者 (市町村によって条件は異なります)

 

[利用者負担]

市町村により異なります。

 

[窓口と申請方法]

障がい福祉サービスを利用するためには、事前の申請などの手続きが必要になります。
まずは市町村の担当窓口か相談支援事業者に相談してください。

 

[補足]

  • 市町村が任意でおこなう地域生活支援事業の1つです。市町村により、対象者・利用量(時間や回数)・利用料金も異なりますので、詳しくは担当窓口に問い合わせください。※下記[市町村の例および違い]を参照
  • 上記に示した内容は、あくまで標準です。その地域に合った自由度の高い内容にしている市町村や相談支援事業の中にまとめて相談支援事業者に委託している場合もあります。

 

[根拠法]

障害者総合支援法

 

[リンク・参照ホームページ]

厚生労働省ホームページ >> 地域生活支援事業
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/chiiki/index.html

いちき串木野市ホームページ >> 障がい福祉サービス
http://www.city.ichikikushikino.lg.jp/fukushi3/kenko/fukushi/shogai/service.html

 

[市町村の例および違い]

市町村例および違い
いちき串木野市  対象者 障害支援区分認定が「非該当」のため、サービスを受けられない人で一定の条件に該当する人
     
 

このページトップへ戻る