医療関係者向け検索サイト。病院検索やガイドブックなど鹿児島県の医療・福祉にご活用ください。

メニューへ戻る

最終報告日 2017.03.17

5-6 居宅サービス(通所以外)

5-6-4 行動援護

[解説]

自己判断能力が制限されている人(知的障がい者や精神障がい者など)が行動する際の危険を回避するために必要な援護、外出時における移動中の介護、排せつおよび食事などの介護、その他行動する際に必要な援助を行います。

 

サービス内容

  • 行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護
  • 外出時における移動中の介護
  • 排せつおよび食事などの介護その他の行動する際に必要な援助
  • 予防的対応
    初めての場所で不安定になり、不適切な行動にでないよう、予め目的地での行動などを理解する など
  • 制御的対応
    行動障がいを起こしてしまった時の問題行動を適切におさめる など
  • 身体介護的対応
    便意の認識ができない人の介助 など

 

[対象者]

知的障がいまたは精神障がいにより、行動上著しい困難を有する障がい者などであって常時介護を要する人で、障害支援区分が区分3以上であり、障害支援区分の認定調査項目のうち行動関連項目(12項目)などの合計点数が10点以上(障がい児にあってはこれに相当する心身の状態)である人です。

 

[利用者負担]

サービスに要した費用の原則1割負担です。※18歳以上の人の場合は利用者とその配偶者の所得、18歳未満の児童の場合は児童を監護する保護者の属する世帯(住民基本台帳上の世帯)の所得に応じた自己負担の上限月額(5-2-4)があります。

 

[窓口と申請方法]

サービスを利用するためには、事前に申請の手続きが必要になります。
まずは、市町村役場の障害者福祉担当窓口か相談支援事業者に問い合わせください。

 

[根拠法]

障害者総合支援法

 

[リンク・参照ホームページ]

厚生労働省ホームページ >> 障害福祉サービスの内容
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/service/naiyou.html

WAMNET >> 障害福祉に関する各種サービス一覧/サービス紹介
http://www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/syogai/handbook/service/

 

このページトップへ戻る