医療関係者向け検索サイト。病院検索やガイドブックなど鹿児島県の医療・福祉にご活用ください。

メニューへ戻る

最終報告日 2016.12.12

5-5 住居

5-5-4 盲人ホーム

[解説]

あんま・マッサージ・指圧師、はり師またはきゅう師などの免許をもっていながら、自営したり雇用されたりすることが困難な視覚障がい者のために、住居を提供し、施療や必要な技術指導を行い、または職業的自立推進を図るなど更生相談を行っています。

 

[対象者]

自営や雇用されることが難しい、あんま師、はり師、きゅう師の免許を有している人

 

[利用者負担]

盲人ホームの設備を利用して得た施術料の2割以内の額を施設の使用料として徴収されます。

 

[窓口と申請方法]

福祉事務所長が発行する利用適格証明書を添えて、盲人ホームに利用申込書を提出し、その承認を受けます。

 

[補足]

  • 市町村が任意でおこなう生活支援事業の1つです。
  • 鹿児島県にはありません。

 

[根拠法]

障害者総合支援法

 

[リンク・参照ホームページ]

鹿児島県視聴覚障害者情報センターホームページ
http://www.shichocenter.kagoshima.kagoshima.jp/

 

 

このページトップへ戻る