医療関係者向け検索サイト。病院検索やガイドブックなど鹿児島県の医療・福祉にご活用ください。

メニューへ戻る

最終報告日 2017.03.16

5-4 税金の控除と公共料金等の減免・割引

5-4-1 公共料金等の減免・割引

(1) NTT無料番号案内(ふれあい案内)

[解説]

障がい者の利用するNTT の番号案内(104)が無料になります。

電話帳の利用が困難な視覚・上肢などに、障がいのある人を対象に、無料で電話番号を案内します。(利用前には事前に登録が必要です)

 

[対象者]

表5-4-1-① NTT無料番号案内の対象者

対象者の条件および等級
身体障者手帳をもっている人 視覚障がい者1~6級
肢体不自由1、2級 (上肢機能障がい、体幹機能障がい、乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障がい)
療育手帳をもっている人
精神障害者保健福祉手帳をもっている人
戦傷病者手帳をもっている人で、右記の障がいがある人 視力障がい 特別項症~第6項症
上肢障がい 特別項症~第2項症

 

[窓口と申請方法]

窓口 NTT本店、営業所
受付時間 9:00~17:00(土・日・祝および年末年始を除く)
フリーダイヤル 0120-104174(全国共通)

表5-4-1-② 申請方法

① 申請
 ⇩
所定の申込書に必要事項を記入後、
障がい者手帳の住所・氏名・障がい名・種別・等級などが記載しているページをコピーしたものと一緒に郵送します。
② 結果通知
 ⇩ 
NTTより申込み内容の確認や開始時期について電話または郵送で連絡が来ます。
③ 利用 104番に電話をかけ「ふれあい案内」と言い、登録した電話番号と暗証番号をオペレーターに伝えると使用できます。

 

[補足]

  • NTTに申請することで、シルバーホンなどの福祉機器の工事費や使用料が半額程度になります。

 

[リンク・参照ホームページ]

NTT西日本ホームページ
http://www.ntt-west.co.jp/kouken/torikumi/ntthukushi.html

 

(2) 携帯電話基本使用料等の割引

[解説]

障がい者がもっている携帯電話の使用料金が割り引かれます。

各携帯の会社で、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳などをもっている人を対象に、携帯電話などの料金割引サービスを行っています。

 

[対象者]

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをもっている人
  • 特定医療費(指定難病)受給者証などをもっている人

 

[窓口と申請方法]

詳しくは、契約している携帯の会社へ問い合わせください。

 

(3) NHK放送受信料の減免

[解説]

障がい者の属している世帯のNHKの受信料を減免できます。

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をもっている人がいる世帯に対して、NHK放送受信料の減免制度があります。

 

[対象者]

表5-4-1-③ NHK受信料の減免対象者

免除額対象者適用条件
全額免除 市町村民税非課税の障がい者 世帯構成員のだれかが、身体障害者手帳、療育手帳 (または判定書)、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをもち、世帯全員が市町村民税非課税の場合
公的扶助受給者 生活保護受給者など
半額免除 世帯主が受信契約者で視覚・聴覚障がい者 視覚・聴覚障がいの身体障害者手帳をもっている人
世帯主が受信契約者で重度の障がい者 ・身体障害者手帳1、2級をもっている人
・療育手帳 (または判定書) A1、A2に相当する重度の判定を受けている人
・精神障害者保健福祉手帳1級をもっている人
・戦傷病者手帳特別項症から第1款症をもっている人

※学校や社会福祉施設、また、災害被災者への免除もあります。

 

[窓口と申請方法]

窓口

市町村役場の障がい者福祉担当

申請に必要なもの

  • 放送受信料免除申請書
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
  • 印かん
  • その他 「全額免除」を申請する人は、市町村民税非課税証明など それぞれに応じて必要なものがあります。

福祉事務所または市町村長の証明印を受けて、放送受信料免除申請書をNHKへ郵送してください。詳しくは、市町村の障害福祉の担当へ問い合わせください。

 

[リンク・参照ホームページ]

NHKホームページ >> 放送受信料の免除について
https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/taikei-henkou.html

 

(4) 郵便料金の割引

[解説]

障がい者用の郵便物が割り引かれます。

盲人用郵便、心身障がい者(児)団体の定期刊行物および聴覚障がい者用の小包郵便物に対して郵便料金が減免されます。

 

[対象物]

表5-4-1-④ 割引対象物

区分割引内容
盲人用郵便物 無料 ・視覚障がい者向けの点字で書かれた文書のみの内容のもの
・目の見えない人もしく指定を受けた施設が以下について発送または返送するもの
 通信文または録音物を含むあらゆる形態の著述物
 CD、白い杖、録音装置など視覚障がい者を支援するための各種の器具または用具
聴覚障害者用ゆうパック
点字ゆうパック
100円~720円
(60~170サイズ)
・聴覚障がい者もしくは指定された施設が以下について発送または返送するもの
 聴覚障がい者用のビデオテープその他の録画物(DVDなど)
・盲人用郵便(点字郵便)として差し出せない大型のもの
青い鳥郵便はがき 無料配布 (20枚) ・身体障害者手帳1・2級、療育手帳A1・A2 保持者へ、毎年4月1日~5月末に配布
その他、心身障害者用ゆうメールや心身障害者団体発行の第三種郵便物などがあります。※許可条件・料金などは窓口へお問い合わせください

 

[窓口と申請方法]

各郵便局へ問い合わせください。

 

[根拠法]

郵便法

 

[リンク・参照ホームページ]

日本郵便ホームページ
http://www.post.japanpost.jp/index.html

 

 

このページトップへ戻る