医療関係者向け検索サイト。病院検索やガイドブックなど鹿児島県の医療・福祉にご活用ください。

メニューへ戻る

最終報告日 2015.12.14

4-7 施設サービス(介護保険外)

4-7-5 サービス付き高齢者向け住宅

[解説]

高齢者世帯が安心して暮らせる賃貸などの住まい

サービス付き高齢者向け住宅は、日常生活や介護に不安を抱く高齢の単身者や夫婦のみの世帯のために、バリアフリー構造などハード面の一定基準を満たし、さらに介護・医療と連携したサービス面も提供する施設です。

平成23年の法改正により、これまであった高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)、高齢者専用賃貸住宅(高専賃)、高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)の3施設をサービス付き高齢者向け住宅に一本化し、3施設では不足・不明確だったハード面の基準を明確化したことに加えて、特に問題視されていた介護サービスについての基準も明確に設けられました。

 

[対象者]

60歳以上の人(夫婦の場合は、1人が60歳以上であれば可)

 

[利用者負担]

  • 家賃+共益費+介護サービス費1~2割(介護保険を利用した場合)+その他(食費や施設提供サービスを利用した場合)
  • 敷金、礼金、預り金などが必要な施設もあります。

 

[窓口と申請方法]

申込みをする前に、施設に相談してください。その上で入居を希望される場合は、利用申請書などを施設に提出ください。

 

[補足]

  • 平成23年度には「高齢者の居住の安定確保に関する法律」改正により、高齢者向け優良賃貸住宅は、サービス付き高齢者向け住宅として一体化されました。これに伴い、地域優良賃貸住宅制度にサービス付き高齢者向け住宅制度が新たに位置づけられました。
  • 鹿児島県内の登録住宅は、下記の「サービス付き高齢者向け住宅 情報提供システム」のホームページから検索できます。

 

[リンク・参照ホームページ]

サービス付き高齢者向け住宅 情報提供システム
http://www.satsuki-jutaku.jp/index.php

 

このページトップへ戻る