医療関係者向け検索サイト。病院検索やガイドブックなど鹿児島県の医療・福祉にご活用ください。

メニューへ戻る

最終報告日 2015.12.14

4-7 施設サービス(介護保険外)

4-7-1 養護老人ホーム

[解説]

身体は元気だが、家庭の事情により自立した生活が困難な人が利用できる老人ホームです。

養護老人ホームでは、必要な介護を受けることができますが、基本的には本人の身辺が自立しているということが条件になるため、スタッフは食事の配膳や健康管理などのサービスしか行いません。しかし、施設によっては、特定施設入居生活介護(4-3-9)の指定を受けており、入居者が将来介護を必要になっても介護サービスを受けられ、住み続けることが可能な場合もあります。

 

[対象者]

65歳以上で以下のように環境上の理由および経済的理由により居宅において養護を受けることが困難な人

  • 収入がほとんど(全く)ない人や、本人の属する世帯が生活保護を受けているなど生活が経済的に困難な場合
  • 要介護状態ではないものの、心身機能の減退のため日常生活を送るのに支障がある場合
  • 住環境に問題がある場合

 

[利用者負担]

前年度収入によって区分された負担額+扶養者がいる場合の扶養者の負担額+介護サービス費1~2割(介護保険を利用する場合)+その他

※場合によっては市町村に入所負担金の減免措置が設けられているところもあります。

 

[窓口と申請方法]

福祉事務所か居住地の市町村の高齢者福祉担当に相談してください。

 

[補足]

  • 養護老人ホームは介護福祉施設(特別養護老人ホーム)とは違い、介護保険施設ではありません。行政による措置施設であるため、入居の申し込みは施設に直接するのではなく、各市町村役場で行うことになっています。また、市町村による措置の決定に基づいて行われるので、誰でも入所できるわけではありません。

 

[リンク・参照ホームページ]

鹿児島県ホームページ >> 高齢者のための施設サービス
https://www.pref.kagoshima.jp/ae05/kenko-fukushi/koreisya/fukushi/sisetsu.html

 

このページトップへ戻る