医療関係者向け検索サイト。病院検索やガイドブックなど鹿児島県の医療・福祉にご活用ください。

メニューへ戻る

最終報告日 2017.03.11

2-3 医療費負担の軽減

2-3-4 自立支援医療(育成医療)

[解説]

育成医療は、児童福祉法第4条第2項に規定する障害児(障がいにかかる医療を行わないときは将来障がいを残すと認められる疾患がある児童を含む)で、その身体の障がいを除去、軽減する手術などの治療によって確実に効果が期待できる児童に対して提供される、生活の能力を得るために必要な自立支援医療費の支給を行うものです。

 

[対象者]

18歳未満の身体、知的、精神の障がいを抱える児童です。

表2-3-4-① 自立支援医療(育成医療)の対象者  ※◎重度かつ継続の対象

育成医療
(18歳未満)



① と ② 両方が条件
① 身体に障がいをもっている児童
② その障がいを除去・軽減する手術などの治療により確実に効果が期待できる人
障がい具体的な治療内容
視覚障がい 白内障、先天性緑内障、斜視 など 手術(斜視手術、眼内レンズ移植術、眼瞼下垂症手術) など
聴覚障がい 先天性耳奇形 形成術
高度難聴 人工内耳埋込術
言語障がい 口蓋裂など 形成術
唇顎口蓋裂に起因した音声・言語機能障がいを伴う人であって鼻咽腔閉鎖機能不全に対する手術以外に歯科矯正が必要な人 歯科矯正
肢体不自由 先天性股関節脱臼、脊椎側弯症、くる病 (骨軟化症) など 関節形成術、関節置換術および義肢装着のための切断端形成術 など
内部
障がい
心臓 先天性疾患 弁口、心室心房中隔に対する手術 ◎心臓移植後の抗免疫療法
後天性心疾患 ペースメーカー埋込み手術
腎臓 腎臓機能障がい ◎人工透析療法 ◎腎臓移植術 (抗免疫療法を含む)
肝臓 肝臓機能障がい ◎肝臓移植術 (抗免疫療法を含む)
小腸 小腸機能障がい ◎中心静脈栄養法
免疫 HIVによる免疫機能障がい ◎抗HIV療法、免疫調節療法、その他HIV感染症に対する治療
その他の先天性内臓障がい 先天性食道閉鎖症、先天性腸閉鎖症、鎖肛、巨大結腸症、尿道下裂、停留精巣(睾丸)など 尿道形成、人工肛門の造設などの外科手術

※厚生労働省HPを参照

 

[利用者負担]

  • 利用者負担が過大なものにならないよう、所得に応じて一月当たりの負担額を設定します。(これに満たない場合は1割)
  • 費用が高額な治療を長期にわたり継続しなければならない人(重度かつ継続の対象者)や育成医療の中間所得層については、さらに軽減措置を実施します。
  • 入院時の食事負担は原則自己負担です。 

2-2-10-2

図2-3-4-② 自立支援医療(育成)の利用者負担 (平成29年度) ※厚生労働省HPより抜粋

 

[窓口と申請方法]

  • 児童の保護者の居住地である市町村役場福祉担当課へ必要書類を提出します。
  • 原則として事前申請です。
          ②支給認定
申請者 ①申請届出
────────→
←────────
③受給者証の交付
市町村  

                    

            図2-3-4-③ 認定の流れ

申請に必要なもの

  • 申請書
  • 意見書(指定自立支援医療機関の担当医師が作成したもの)
  • 健康保険証(受診者本人と保険者によっては同一の医療保険に加入している家族分)
  • 印かん
  • その他(生活保護世帯の人は市町村役場発行の保護証明書、課税状況が確認できない人は所得額課税額証明書など)

 

[補足]

  • 指定医療機関での治療のみ認定されます。
  • 意見書は、指定自立支援医療機関の指定申請の際に届出た育成医療を「主として担当する医師」が記入します。
  • 「重度かつ継続」の対象

表2-3-4-④ 自立支援医療(育成)の重度かつ継続の対象者

疾病、症状などから対象となる人 腎臓機能・小腸機能・免疫機能・心臓機能障がい (心臓移植後の抗免疫療法に限る)・肝臓の機能障がい (肝臓移植後の抗免疫療法に限る) の人
疾病などに関わらず、
高額な費用負担が継続することから対象となる人
医療保険の多数該当の人
  • 自立支援医療の「重度かつ継続の一定所得以上」および「育成医療の中間所得」の区分は、平成27年3月31日までの経過的特例としてきましたが、平成30年3月31日まで延長しました。
    ※育成医療の経過的特例の内容は以下のとおり
    ・「重度かつ継続の一定所得以上」:市町村民税23万5千円以上の人で重度かつ継続に該当する人について、自立支援医療制度の対象とした上で、自己負担上限額を2万円とする措置。
    ・「育成医療の中間所得」:中間所得1(市町村民税課税以上3万3千円未満)の人の自己負担上限額を5千円に、中間所得2(市町村民税3万3千円以上23万5千円未満)の人の自己負担上限額を1万円とする措置。

 

[根拠法]

障害者総合支援法第58 条

 

[リンク・参照ホームページ]

厚生労働省ホームページ >> 自立支援医療
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/jiritsu/index.html

鹿児島市ホームページ >> 自立支援医療(育成医療)http://www.city.kagoshima.lg.jp/kenkofukushi/kosodate/boshihoken/kosodate/ninshin/teate/jiritsu/index.html

 

このページトップへ戻る