医療関係者向け検索サイト。病院検索やガイドブックなど鹿児島県の医療・福祉にご活用ください。

メニューへ戻る

最終報告日 2017.03.09

6-6 乳幼児・児童・母子の保護と育成

6-6-5 母子栄養食品の支給

[解説]

経済的理由により栄養の確保が困難な妊産婦および乳児に対し、栄養食品(牛乳または粉ミルク)が支給される制度です。

 

[対象者]

  • 非課税世帯などに属する妊産婦
  • 非課税世帯などに属する身体発育が標準に満たない乳児、またはHTLV-1抗体陽性の妊婦から生まれた乳児
  • 一人目をのぞく二人目以降の乳児(多胎児)。所得制限はありません。

 

[利用者負担]

ありません

 

[窓口と申請方法]

  • 市町村役場が窓口です。
    鹿児島市は、5か所の保健センターと5つの保健福祉課で相談を受け付けています。

 

[補足]

  • 乳児については、申請時点での体重が定められている場合や、栄養強化を行うことが必要とする医師の意見書の提示を求められる場合があります。
  • 市町村によっては支給をしていないところも多いです。

 

[根拠法]

母子保健法第14条

 

[リンク・参照ホームページ]

鹿児島市ホームページ >> 母子栄養食品の支給 
http://www.city.kagoshima.lg.jp/kenkofukushi/kosodate/boshihoken/kosodate/ninshin/boshieyo.html

 

このページトップへ戻る