医療関係者向け検索サイト。病院検索やガイドブックなど鹿児島県の医療・福祉にご活用ください。

メニューへ戻る

最終報告日 2017.03.09

6-6 乳幼児・児童・母子の保護と育成

6-6-4 里親

[解説]

保護者のいない児童、または保護者に監護させることが不適当であると認められる児童を家庭に引き取り家庭と同様な環境で養育する人をいいます。
里親は4種類(養育里親、専門里親、養子縁組里親、親族里親)に分類されています。 

 

[窓口と申請方法]

(1) 里親になることを希望する場合

児童相談所に相談し申請します。審査の結果、適当と認められた場合、里親として登録されます。里親には養育費、手当などが支給されます。

6-6-4-1

図6-6-4‐① 里親登録までの流れ ※鹿児島県HPより抜粋

(2)子どもを里子として委託する場合

児童相談所、または市町村役場担当課へ申請します。委託する場合の費用は、世帯の市町村民税、所得税額によって決まります。

 

[補足]

  • 小規模住居型児童養育事業
    養育者の住居において児童5~6人の養育を行う里親を大きくした里親型のグループホームです。この住居で、童間の相互作用を活かしつつ、児童の自主性を尊重し、基本的な生活習慣を確立するとともに、豊かな人間性および社会性を養い、児童の自立を支援します。

 

[根拠法]

里親制度の運営について(平成14年雇児発0905002号)

 

[リンク・参照ホームページ]

厚生労働省ホームページ >> 里親制度について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/syakaiteki_yougo/02.html

鹿児島県ホームページ >> 里親制度の概要
http://www.pref.kagoshima.jp/ae08/kenko-fukushi/kodomo/fukushi/satooyaseido2.html

 

このページトップへ戻る