Programs

鹿児島県専門研修プログラム

大隅鹿屋病院総合診療専門研修プログラム
《基幹施設:大隅鹿屋病院》

プログラムを展開する背景

本プログラムは,鹿児島県大隅半島肝属医療圏の中心的な急性期病院である大隅鹿屋病院を基幹施設として,鹿児島県肝属医療圏・近隣医療圏にある総合診療専門研修連携施設・領域別連携施設を活用し専門研修を経て鹿児島県の医療事情を理解し,地域の実情に合わせた実践的な医療も行えるように訓練され,基本的臨床能力獲得後は必要に応じた可塑性のある総合診療専門医として鹿児島県の大隅半島全域を支える総合診療専門医の育成を行います。

専門研修施設について

施設群における専門研修コースについて 図2(添付PDF)に本研修 プログラムの施設群による研修コース例を示します。後期研修1年目は基幹施設である大隅鹿屋病院での内科研修、救急科研修、山川病院での救急研修を行い、後期研修2年目は鹿屋医療センターでの小児科の領域別必修研修、後半に離島に徳之島徳洲会病院において総合診療Ⅰの研修を行い、後期研修3年目の前半は、内科研修と総合診療専門医に必要な知識や技能を補います。研修目標の達成に必要な範囲で、研修病院を選択出来るようになっております。

PDFダウンロード

プライバシーポリシー | お問合せ

鹿児島大学病院地域医療センター 専門研修プログラム

鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8丁目35番1号 TEL.099-275-6526 FAX.099-275-6528

Copyright(C) 鹿児島大学病院 地域医療支援センター All Rights Reserved.