Programs

鹿児島県専門研修プログラム

大隅鹿屋病院内科専門研修プログラム
《基幹施設:大隅鹿屋病院》

特色

初期臨床研修を修了した内科専攻医は,本プログラム専門研修施設群での3年間(基幹施設2年間+連携・特別連携施設1年間)に,豊富な臨床経験を持つ指導医の適切な指導の下で,内科専門医制度研修カリキュラムに定められた内科領域全般にわたる研修を通じて,標準的かつ全人的な内科的医療の実践に必要な知識と技能とを修得します。
内科領域全般の診療能力とは,臓器別の内科系Subspecialty分野の専門医にも共通して求められる基礎的な診療能力です。また,知識や技能に偏らずに,患者に人間性をもって接すると同時に,医師としてのプロフェッショナリズムとリサーチマインドの素養をも修得して可塑性が高く様々な環境下で全人的な内科医療を実践する先導者の持つ能力です。内科の専門研修では,幅広い疾患群を順次,経験してゆくことによって,内科の基礎的診療を繰り返して学ぶとともに,疾患や病態に特異的な診療技術や患者の抱える多様な背景に配慮する経験が加わることに特徴があります。そして,これらの経験を単に記録するのではなく,病歴要約として,科学的根拠や自己省察を含めて記載し,複数の指導医による指導を受けることによってリサーチマインドを備えつつも全人的医療を実践する能力を涵養することを可能とします。


連携施設

★ 屋久島徳州会病院,湘南鎌倉総合病院,宇和島徳州会病院,鹿児島徳州会病院,池田病院,昭南病院 ★

連携施設,特別連携施設には,内科専攻医の多様な希望・将来性に対応し,地域医療や全人的医療を組み合わせて,急性期医療,慢性期医療および患者の生活に根ざした地域医療を経験できることを目的に,地域医療密着型病院である池田病院,昭南病院、鹿児島徳洲会病院、屋久島徳洲会病院、山川病院で構成しています。それぞれの病院は、大隅鹿屋病院と異なる環境で,地域の第一線における中核的な医療機関の果たす役割を中心とした診療経験をより深く研修します。また,臨床研究や症例報告などの学術活動の素養を積み重ねます。

池田病院は血液内科医が3名在籍しており、大隅半島の血液疾患診療の要となっております。日頃から当院との病病連携を積極的に行っており、医療資源が限られた環境の中で各医療機関が連携して診療体制を構築していることを体感する機会にもなります。

昭南病院は肝属医療圏に隣接する曽於医療圏の中核施設で、日頃から当院との病病連携を推進しております。神経内科専門医、消化器内科専門医が在籍しているため、それぞれの領域の研修を積むことができます。曽於医療圏は人口当たり医師数が鹿児島県で最も少ない地域です。医療過疎が進んでいる地域を支える医療機関での研修を通じて、地域医療への貢献を学ぶ機会となります。

鹿児島徳洲会病院は鹿児島医療圏にある急性期病院です。血液内科専門医が在籍しており、血液内科研修を積むことが出来ます。鹿児島医療圏は鹿児島県内において最も医療機関が充実した地域であり、当院とは異なる都会型の病病連携・病診連携を経験することが出来ます。

屋久島徳洲会病院は屋久島唯一の急性期診療が可能な医療機関です。他に医療機関がない環境であるため受診した患者を重症度に関わらずまずは診察し、症例によっては島外への緊急搬送の判断を下すなど離島ならではの最後の砦としての役割を経験します。



特別連携施設

★ 山川病院 ★

特別連携施設である山川病院は,南薩医療圏の地域密着型の医療機関であり急性期診療から在宅診療の流れを経験出来る環境です。大隅鹿屋病院の担当指導医が,山川病院の上級医とともに,専攻医の研修指導にあたり,指導の質を保ちます。


PDFダウンロード

プライバシーポリシー | お問合せ

鹿児島大学病院地域医療センター 専門研修プログラム

鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8丁目35番1号 TEL.099-275-6526 FAX.099-275-6528

Copyright(C) 鹿児島大学病院 地域医療支援センター All Rights Reserved.