Programs

鹿児島県専門研修プログラム

鹿児島大学病院総合診療専門研修プログラム郷中(ごじゅう)
《基幹施設:鹿児島大学病院》

鹿児島大学病院総合診療専門研修プログラム「郷中(ごじゅう)」について

 江戸時代、薩摩藩では年齢が上の者が下の者に教えるという郷中(ごじゅう)教育が行われており、その郷中教育を受けた西郷隆盛や大久保利通らが明治維新の原動力となりました。郷中教育は屋根瓦方式の教育システムであり、鹿児島大学病院が専門研修基幹施設(以下、基幹施設)となり地域の専門研修連携施設(以下、連携施設)で構成されるこの総合診療専門研修プログラムは、「地域で総合診療医のリーダーを育成する」というコンセプトから「郷中(ごじゅう)」と命名しました。

 現在、地域の病院や診療所の医師が地域医療を支えています。今後の日本社会の急速な高齢化等を踏まえると、健康にかかわる問題について適切な初期対応等を行う医師が必要となることから、総合的な診療能力を有する医師の専門性を学術的に評価するために、新たな基本診療領域の専門医として総合診療専門医が位置づけられました。そして、総合診療専門医の質の向上を図り、以て、国民の健康・福祉に貢献することを第一の目的としています。

 こうした制度の理念に則って、鹿児島大学病院総合診療専門研修プログラム「郷中」(以下、郷中プログラム)は病院・診療所などで活躍する高い診断・治療能力を持つ総合診療専門医を養成するために創設されました。我々は、これからの超高齢社会の医療を担うために不可欠な総合診療専門医制度を発展させるために、連携施設と協力して基幹施設である鹿児島大学病院が責任を持ってリサーチマインドをもった地域のニーズに対応する総合診療専門医のリーダーを育成します。研究手法を習得し学会や論文発表して情報発信することにより、地域の医療状況を把握し、地域の医療の問題を明らかにし、それを解決することがスムーズに行えるようになります。希望する専攻医には社会人大学院生として学位を並行して習得もできるようにサポートします。

 郷中プログラムにおいては指導医が皆さんの教育・指導にあたりますが、皆さんも主体的に学ぶ姿勢をもつことが大切です。総合診療専門医は医師としての倫理観や説明責任はもちろんのこと、総合診療医としての専門性を自覚しながら日々の診療にあたると同時に、ワークライフバランスを保ちつつも自己研鑽を欠かさず、日本の医療や総合診療領域の発展に資するべく教育や学術活動に積極的に携わることが求められます。郷中プログラムでの研修後に皆さんは標準的な医療を安全に提供し、疾病の予防に努めるとともに将来の医療の発展に貢献できる総合診療専門医となります。

 郷中プログラムでは、総合診療専門研修Ⅰ(外来診療・在宅医療中心)、総合診療専門研修Ⅱ(病棟診療、救急診療中心)、内科、小児科、救急科の5つの必須診療科と選択診療科で3年間の研修を行います。このことにより、1.包括的統合アプローチ、2.一般的な健康問題に対する診療能力、3.患者中心の医療・ケア、4.連携重視のマネジメント、5.地域包括ケアを含む地域志向アプローチ、6.公益に資する職業規範、7.多様な診療の場に対応する能力という総合診療専門医に欠かせない7つの資質・能力を効果的に修得することが可能になります。

PDFダウンロード

プライバシーポリシー | お問合せ

鹿児島大学病院地域医療センター 専門研修プログラム

鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8丁目35番1号 TEL.099-275-6526 FAX.099-275-6528

Copyright(C) 鹿児島大学病院 地域医療支援センター All Rights Reserved.