Programs

鹿児島県専門研修プログラム

鹿児島大学病院連携施設精神科専門医研修プログラム
《基幹施設:鹿児島大学病院》

プログラムを展開する背景

これまで鹿児島大学病院神経科精神科は鹿児島県の精神医学及び精神医療,精神保健の向上と社会福祉に貢献できる精神科医師を養成してきた。これは新専門医制度となっても変わることはなく,鹿児島大学病院神経科精神科を専門研修基幹施設とし,鹿児島県立姶良病院及び公益財団法人慈愛会谷山病院を専門研修連携施設とした「鹿児島大学病院連携施設 精神科専門医研修プログラム」を作成した。いずれの病院も臨床研修病院としての指導実績が豊富で,指導医数及び症例数は十分であり,充実した専門医研修が実施できる。

専門研修施設について

【鹿児島大学病院】(専門研修基幹施設)

鹿児島大学病院は,当院は715床を有する大規模な総合病院で,鹿児島県では唯一の特定機能病院であることから,地域医療の最後の砦としての役割を担っており,当科は身体合併症や周産期,治療困難な症例の紹介を受け入れている。当院は鹿児島県がん診療連携拠点病院であり,院内の緩和ケアチームに精神科医が常勤医として勤務しており,緩和ケアにおける精神科医療を経験できる。さらに,他科からの紹介は多く,リエゾン・コンサルテーション精神医学の臨床実践を指導医とともに主体的に参加することができる。物忘れ専門外来では,認知症専門医でもある指導医の診断・治療に陪席することができる。認知症を含む器質性精神障害(F0),統合失調症(F2),気分障害(F3),神経症性障害(F4)などの鑑別困難例や難治性症例を中心に治療にあたり,修正型電気けいれん療法は麻酔科医と連携し安全に実施している。診療体制として,7~8名の医師から編成される3つの臨床グループで担当患者の治療にあたり,毎週グループカンファレンスが行われている。毎週入退院患者の全体カンファレンスや診療科長による回診が行われている。また,入院及び外来症例検討会や認知症カンファレンス,精神科面接勉強会,精神病理勉強会,司法精神医学勉強会など幅広い分野における研修会が実施されている。

【鹿児島県立姶良病院】(専門研修連携施設)

鹿児島県立姶良病院は,鹿児島県の公立単科精神科病院であり,48床の精神科救急病棟を有する県の精神科救急の中核的病院である。夜間,休日の精神科救急情報センターを設置している。17床の医療観察法指定入院病棟を有しており,司法精神医学関連の業務として,簡易鑑定,検察官嘱託鑑定,医療観察法鑑定を積極的に行っている。民間病院で対応困難な患者の転医治療依頼に対応している。難治性統合失調症に対するクロザリルを用いた治療を行い,アルコール・薬物依存症の治療プログラムや修正型電気けいれん療法を実施している。地域活動支援センターを有し,デイケアや訪問看護を行い,地域で生活する精神障害者を支えており,地域精神医療の研修に適している。

【公益財団法人慈愛会谷山病院】(専門研修連携施設)

公益財団法人慈愛会谷山病院は,民間単科精神科病院で,392床の精神科病床を有する。そのうち40床は,精神科急性期治療病棟であり,精神科救急システムの地域拠点病院として,地域の精神科救急に貢献している。また,認知症疾患医療センターであり,認知症治療病棟を有し,認知症の診断・治療を積極的に行っている。アルコール依存症に対するリハビリテーションプログラムを提供し,断酒会を行っている。結核患者収容モデル事業として5床の精神科病床に精神疾患を持つ結核患者の受入れも行っている。難治性の精神疾患に対して,修正型電気けいれん療法やクロザピンを用いた治療を行っている。グループホーム,地域活動支援センター,就労支援センターを有しており,デイナイトケア,訪問看護とともに,地域で生活する精神障害者を支えている。以上のように,当院では,地域精神科医療のすべてを学ぶことができる。

PDFダウンロード

プライバシーポリシー | お問合せ

鹿児島大学病院地域医療センター 専門研修プログラム

鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8丁目35番1号 TEL.099-275-6526 FAX.099-275-6528

Copyright(C) 鹿児島大学病院 地域医療支援センター All Rights Reserved.