Programs

鹿児島県専門研修プログラム

鹿児島大学産婦人科研修プログラム
《基幹施設:鹿児島大学病院》

特色

日本産婦人科学会では1987 年より充実した専門医制度を行っておりましたが、平成30年度からは専門医機構による専門研修プログラムに移行します。鹿児島大学産婦人科専門研修プログラムでは豊富な症例のもと、プライマリケアから集学的医療および標準的医療から先進的医療まで幅広く経験できる産婦人科専門医研修を提供します。さらに専門医取得後は、さらに高度で最新の医療に触れるサブスペシャルティ研修を準備しています。よって選んでいただければ、少なくとも臨床力に富んだ一般産婦人科専門医にはた易くなれますし、最終的には卓越した知識と技能を有するサブスペシャルティ専門医になれるような研修体制を用意しています。よって、多くの症例の主治医となることを希望し、高度な先進医療や探索的医療(臨床試験)にも興味を持つ研修医の方にはベストの選択になると思います。 

また、県内もう一つの基幹施設である鹿児島市立病院産婦人科とともに、“鹿児島県のプログラムを選べば必ず優秀な産婦人科医となれる” を合言葉に、2つの理想的な専門研修プログラムを連携させ、理想的な研修環境を確立しました(図1参照)。すなわち、基幹施設である両施設がお互いの連携施設ともなっていますので両施設にまたがる研修を受けることも可能で、緊密な協力体制のもと大きな自由度をもった研修施設の集団(ネットワーク)を形成することができました。もちろん、一般専門医取得後にお互いの施設を行き来するサブスペシャルティ研修も可能としましたので、“オール鹿児島” で優秀な産婦人科専門医を育成する体制ができあがりました。当教室の地域研修はかねてより充実していますが、離島での研修を希望する方には奄美大島や種子島の連携研修施設を地域医療研修の期間に選択することができます。また、一度は鹿児島を離れて東京や横浜で働いてみたいという思いから関東で研修し、専門医取得後も郷里に戻る機会を失ってしまう研修医がいることを憂い、本プログラムでは横浜市立大学関連の2施設および聖路加国際病院とも連携させて頂きました。鹿児島大学病院産科婦人科の専攻医の皆さんが当教室を母艦として関東に旅立って都会の研修生活を経験した後は、また鹿児島に帰艦して専門医研修を仕上げて頂くことを願っての試みです。

以上のように、鹿児島大学産婦人科専門研修プログラムを選択して下さった研修医の皆さんは、自由かつ柔軟ながらも充実した研修システムのなか、産婦人科一般専門医を取得していくことになります。その取得後は、すでに専門医機構にサブスペシャルティ領域として認定されている周産期、婦人科腫瘍、生殖医療に加え、近々認定される女性ヘルスケアの専門医を目指して研修していくことになりますが、この4 領域を専門とする指導者を豊富にそろえ、どの領域でも充実したサブスペシャルティ研修を提供できる基幹施設はそう多くはありません。加えて、大学院進学、海外留学、出産・育児・病気療養中などの修練期間のサポート体制も充実していますし、後述するように地域枠出身者の方の専門医取得が遅れないローテーションモデルも提供できました。ぜひ鹿児島大学産婦人科専門研修プログラムを選んで鹿児島県の産婦人科医になって下さい。若き産婦人科医が増えることこそが今後の鹿児島の産婦人科医療を発展させていく原動力です。一人でも多くの初期研修医の皆さんが私たちの産婦人科専門医プログラムを選択してくれることを心より願っています。

PDFダウンロード

プライバシーポリシー | お問合せ

鹿児島大学病院地域医療センター 専門研修プログラム

鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8丁目35番1号 TEL.099-275-6526 FAX.099-275-6528

Copyright(C) 鹿児島大学病院 地域医療支援センター All Rights Reserved.