Programs

鹿児島県専門研修プログラム

鹿児島大学病院 新・内科専門研修プログラム「開聞」
《基幹施設:鹿児島大学病院》

研修後の医師像と終了後に想定される勤務形態や勤務先

1)地域医療における内科領域の診療医(かかりつけ医):地域において常に患者と接し、内科慢性疾患に対して、生活指導まで視野に入れた良質な健康管理・予防医学と日常診療を実践する。地域の医院に勤務(開業)し、実地医家として地域医療に貢献する。 2)内科系救急医療の専門医:病院の救急医療を担当する診療科に所属し、内科系急性・救急疾患に対してトリァージを含めた適切な対応が可能な、地域での内科系救急医療を実践する。 3)病院での総合内科(generality)の専門医:病院の総合内科に所属し、内科系の全領域に広い知識・洞察力を持ち、総合的医療を実践する。 4)総合内科的視点を持った subspecialist:病院で内科系の subspecialty、例えば消化器内科や循環器内 科に所属し、総合内科(generalist)の視点から、内科系 subspecialist として診療を実践する。

プログラムの問合せ先

鹿児島大学心臓血管・高血圧内科学

PDFダウンロード