Programs

鹿児島県専門研修プログラム

鹿児島大学医学部皮膚科研修プログラム
《基幹施設:鹿児島大学病院》

プログラムを展開する背景

研修を終了し所定の試験に合格した段階で、皮膚科専門医として信頼され安全で標準的な医療を国民に提供できる充分な知識と技術を獲得できることを目標とする。医師としての全般的な基本能力を基盤に、皮膚疾患の高度な専門的知識・治療技能を修得し、関連領域に関する広い視野をもって診療内容を高める。皮膚科の進歩に積極的に携わり、患者と医師との共同作業としての医療の推進に努める。医師としてまた皮膚科専門医として、医の倫理の確立に努め、医療情報の開示など社会的要望に応える。

プログラムの概要

本プログラムは鹿児島大学医学部皮膚科を研修基幹施設として、今給黎総合病院・昭和会クリニック皮膚科、鹿児島市立病院皮膚科、今村総合病院皮膚科を研修連携施設として、また、春陽会中央病院、鹿児島県立大島病院、済生会川内病院皮膚科を研修準連携施設として加えた研修施設群を統括する研修プログラムである。なお、本プログラムは各研修施設の特徴を生かした複数の研修コースを設定している。

プログラムの問合せ先

鹿児島大学医学部皮膚科 金蔵拓郎 
TEL:099-275-5388 FAX:099-275-1134

PDFダウンロード

プライバシーポリシー | お問合せ

鹿児島大学病院地域医療センター 専門研修プログラム

鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8丁目35番1号 TEL.099-275-6526 FAX.099-275-6528

Copyright(C) 鹿児島大学病院 地域医療支援センター All Rights Reserved.