Programs

鹿児島県専門研修プログラム

鹿児島市立病院救急科専門研修プログラム
《基幹施設:鹿児島市立病院》

プログラムを展開する背景

各保健医療圏内における中核病院への集約化は医療圏外搬送を減少させるために必要であり、そのような各地域の中核病院を将来担う救急医の育成を考えなくてはなりません。本プログラムでは、重症患者管理のみならず2次救急にも対応可能で医療圏外搬送の適応と手段と理解している救急科専門医を含めて育成することを目指します。このような救急専門医を各医療圏の中核病院に配置をすることで、どの保健医療圏でも救急医療へのアクセスを保障し、適切な医療機関へ搬送されることを将来構想として教育します。一方で、広域救急医療体制に関わる病院前救急医療の分野、さらに重症患者を集約化した医療機関での重症患者へのAcute Care Surgeryや集中治療を担う救急医を目指す専攻医にもそのニーズを満たす研修の場を設ける必要があります。 このような背景から、本専門研修プログラムでは、基本的な救急医としての資質は必須として、2次救急診療まで含めた幅広い救急外来での緊急を要する病態への対応とトリアージの研修を選択できること、広域の医療集約化のためのドクターヘリ活動を充実させるべく病院前救急診療に習熟すること、地域医療を理解するためのローテーションを研修に盛り込むことしました。

専門研修施設について

鹿児島市立病院救急科と連携施設・関連施設により専門研修施設群を構成します。専門研修施設群の中には、地域中核病院や地域中小病院(過疎地域・離島地域も含む)が入っています。

○専門研修連携施設
鹿児島市立病院救急科研修プログラムの施設群を構成する連携病院は、以下の診療実績基準を満たした施設です。
鹿児島大学病院,鹿児島県立大島病院,社会医療法人緑泉会 米盛病院,広域医療法人EMS松岡救急クリニック,公益財団法人昭和会 今給黎病院,社会医療法人天陽会 中央病院

○専門研修関連施設
鹿児島市立病院救急科研修プログラムの施設群を構成する関連病院は、以下の専攻医教育に寄与しうる施設です。これらの病院には救急領域の指導医が存在しないため連携病院とはなっていませんが、地域において実質的に救急医療を支えてきた医療機関を選定しています。鹿児島県の様々な救急医療の現場を幅広く学ぶ機会とこれらの医療機関の貴重な人的資源として地域医療に貢献する機会を選定しうるように配慮しました。関連病院は以下の施設です。
川内市医師会立市民病院,社会医療法人鹿児島愛心会 大隅鹿屋医療センター,霧島記念病院,国立病院機構 鹿児島医療センター,総合病院鹿児島生協病院,公益財団法人慈愛会 今村総合病院,社会医療法人義順顕彰会 種子島医療センター,霧島市立医師会医療センター

プログラムの問合せ先

〒890-8760 鹿児島県鹿児島市上荒田町37番1号 鹿児島市立病院卒後臨床研修センター
電話番号:099-230-7000、FAX:099-230-7070、E-mail:sugermanrich@yahoo.co.jp

PDFダウンロード

プライバシーポリシー | お問合せ

鹿児島大学病院地域医療センター 専門研修プログラム

鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8丁目35番1号 TEL.099-275-6526 FAX.099-275-6528

Copyright(C) 鹿児島大学病院 地域医療支援センター All Rights Reserved.