鹿児島大学病院と地域を医療でつなぎ、地域医療体制の整備を担う。地域医療支援センター

「地域医療支援センター講演会〜地域づくりを考える〜」を開催しました

 平成29年1月21日(土)に城山観光ホテルにて「地域医療支援センター講演会〜地域づくりを考える〜」を開催しました。
 島根県の中山間地域や過疎地域をはじめ、地域づくりについて活発な研究や教育活動を行っている島根大学教育学部共生社会教育講座教授の作野広和先生をお招きして、「人口減少社会における地域づくり」と題し、ご講演いただきました。
 また、間に休憩時間を設定し、鹿児島県の地方自治体や地域おこし協力隊の方、地域住民の方、地域の医師会の方々にご参集いただき、「地域づくり」をテーマにお互いの情報交換も行い、とても有意義な時間となりました。 

 ご参加いただきました方々、本当にありがとうございました。

講演会の様子

【開会のごあいさつ】

hokennhukusibu

鹿児島県保健福祉部次長  下村 一彦 氏

kenisikai

県医師会長あいさつ 代読・鹿児島県医師会常任理事 西俣 寿人 氏

kennchouson

鹿児島県町村会長 川添 健 氏

【趣旨説明】「鹿児島県の地域医療の現状について」

shusisetumei

 鹿児島大学病院地域医療支援センター長 大脇 哲洋

【基調講演】「人口減少社会における地域づくり」

後援会町づくり036 2

島根大学教育学部共生社会教育講座教授 作野 広和 先生

【閉会のごあいさつ】

byouinnchou

鹿児島大学病院長 熊本 一朗 氏

 

 
  • 地域医療の相談窓口
  • bn doctor.shortage.p
  • bn supportoftraining
  • sidemenu bannercaria
  • sidemenu bannerjyouhouhassin
  • bn activity
  • sidemenu traningprogram
  • sidemenu banner.database
  • sidemenu lecture
  • sidemenu newsletter
  • bn segodon

このページのTOPへ