活動報告


平成28年度活動内容

2018.06.06

平成28年度の地域医療支援センター活動内容を紹介しています。

医師不足病院等の把握・分析


地域医療支援方策における医師配置調査及び地域医療支援状況調査

  • 鹿児島県内の地域医療の現状および医師配置の方向性に関する調査を行いました。この調査は平成23年度の地域医療支援方策で提示した5年以内の配置努力目標とした99名に対して、現在の配置状況について調査を行いました。なお、地域の医療現状の変化や新たな課題等について鹿児島大学病院各診療科へ情報提供しました。
  • 鹿児島大学病院各診療科へ地域医療支援状況調査を行いました。



医師不足病院の支援


医師確保に関する相談窓口

  • 医療機関及び市町村から医師確保に関する相談を受けました。(H28年度実績:医療機関・市町村等7つ)



医師のキャリア形成支援


地域枠卒業医師に対する専攻医プログラムに係る調査を行いました
地域枠卒業医師が義務勤務の中で専門医取得するためのキャリア形成について、鹿児島大学病院基本領域担当診療科等へ調査を行いました。


地域枠生のキャリア形成等についての面談

  • 地域枠医学生及び卒業医師と面談を行いました。随時、面談を希望する地域枠生からの相談を受けています。(実績 地域枠医学生:14名、地域枠卒業医師:4名)
  • 鹿児島県と地域枠卒業医師(初期2年目以上の先生方)との面談に同席し、地域で働きながら専門医を取得するためのキャリア形成等についてのアドバイスを行いました。(実績 地域枠卒業医師:32名、5・6年生枠:6名、自治医卒医師:9名)

地域枠卒業医師入局先の診療科へ制度について説明(同席)
鹿児島県が新たに地域枠卒業医師の入局する診療科へ医師修学資金貸与制度に関する説明を行う場に同席しました(H28年度は4つの診療科の説明へ同席)。


「平成29年度 鹿児島県専門研修プログラム」冊子を発行しました。


鹿児島県内の基本領域の専門研修プログラム及び家庭医療専門医プログラム(平成28年11月時点)を紹介した冊子を発行しました。






情報配信と相談への対応


「地域医療フォーラムinせとうち」を開催しました。
平成29年2月5日に瀬戸内町古仁屋小学校体育館にて、「地域医療フォーラムinせとうち」を開催し、400名の医療・福祉関係者、行政、地域住民の方々にご参加いただき、奄美地域の医療についてみんなで考える有意義な会となりました。
内容:①奄美大島南部町村地域医療連携体制について(奄美南部町村地域医療介護連携協議会長)
   ②宇検村・瀬戸内町における医療・介護の現状(総合メディカル・九州経済研究所)
   ③奄美のドクターヘリについて(県立大島病院救命救急センター長)
   ④奄美南部町村の地域医療の展望について(ファシリテーター:地域医療支援センター長)
    【シンポジスト:瀬戸内町長、宇検村長、県立大島病院副院長、名瀬徳洲会病院総長、アンマ協議会長、九州大学名誉教授】

   


「さつま町の地域医療を考える公開講座」を開催しました。
平成29年2月25日にさつま町鶴田中央公民館大ホールにて、「さつま町の地域医療を考える公開講座」を開催し、76名の医療・福祉関係者、行政、地域住民の方々にご参加いただき、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けるためにどうすれば良いか、今後のさつま町の医療について考える有意義な会となりました。
 内容: ①趣旨説明:地域医療構想について    (薩摩郡医師会長) 
     ②基調講演:少子高齢化社会の現状と対応 (地域医療支援センター長)

  


地域医療支援センターニュースレター第2号を発行しました。
地域医療支援センターの活動や鹿児島県内の地域医療について共有したい課題等の情報をニュースレターでご紹介しています。http://renkei.kufm.kagoshima-u.ac.jp/newsletter


奄美地域と徳之島地域の医療機関へ地域医療の現状についての情報収集を行いに視察へ行きました。



鹿児島県地域医療関係者との協力関係の構築


「地域医療支援センター講演会〜地域づくりを考える〜」を開催しました。
平成29年1月21日に城山観光ホテルアメジスト鳳凰にて、「地域医療支援センター講演会」を開催し、67名の市町村及び医師会関係者、地域でまちづくりを行っている方々にご参加いただき、 島根県の中山間地域や過疎地域をはじめ、地域づくりについて活動を行っている島根大学教育学部共生社会教育講座教授に、その取組み等を発表していただきました。進行する少子高齢化社会の下での地域の活性化における地域医療の位置づけについて、情報交換を行うことができ有意義な会となりました。
内容:①趣旨説明:鹿児島県の地域医療の現状について(地域医療支援センター長)
   ②基調講演:人口減少社会における地域づくり (島根大学教育学部共生社会教育講座教授)

   


「鹿児島県版医療福祉ガイドブック」を発行しました。


鹿児島県の保健・医療・福祉全般の制度を紹介するガイドブックを発行しました。毎年、地域医療情報データベースせごどんサイト内の【チェスガイド】は、鹿児島県MSW協会の監修のもと更新しております。
地域医療情報データベースサイトもご活用ください!
http://renkei.kufm.kagoshima-u.ac.jp/segodon/guide...



地域医療支援センター運営協議会及び運営委員会を開催しました。