活動報告


平成23-25年度活動内容

2018.06.08

 平成23〜25年度の「鹿児島大学病院地域医療支援センター寄附講座地域医療支援システム学講座」活動内容を紹介しています。

部 局 名 医学部・歯学部附属病院
講 座 名 地域医療支援システム学講座
設 置 期 間 平成23年4月1日〜平成26年3月31日
寄 附 者 名 鹿児島県


主な研究内容等
(A) 地域医療提供体制の分析・研究
(B) 地域医療機関における派遣医師等の研修・就業支援体制等にかかる研究
(C) 県内で就業する医師のキャリアパス形成支援に係る研究
(D) 患者紹介・受入体制構築に資する地域連携データベースの作成
(E) 研究成果等普及啓発を図るためのシンポジウムの開催


(A) 地域医療提供体制の分析・研究

地域医療支援方策の策定のために、鹿児島県、鹿児島県・市郡医師会、地域拠点病院、鹿児島大学等の関係者で地域医療支援方策策定委員会および二次医療圏毎の地域協議会を開催し、県全体ならびに二次医療圏毎の医師不足を含めた問題点・緊急度などについて意見交換を行い、必要医師数の絞り込みを行いました。平成22年度の必要医師数実態調査で鹿児島県全体として643人という数字が挙がっていたが、上記のような意見交換を行い、絞り込みを行った結果、最終的に5年以内に99名以上の医師配置に向けて努力していくという結論に至りました。
鹿児島県では、県内各地域への医師支援を主に鹿児島大学が行っています。しかしながら実際に、地域の病院にどの程度鹿児島大学関連の医師が勤務しているのか、その全体像は明らかにされていませんでした。これまで、各診療科単位でしかわからなかった支援状況を、大学全体として把握するために、当センターでは各診療科へ依頼して地域医療支援実態調査を行いました。



(B) 地域医療機関における派遣医師等の研修・就業支援体制等にかかる研究

地域中核病院での専門医の確保が困難となっている大きな要因は、地域医療の現場では、派遣医師に十分な研鑽ができないこと、現場での専門外の患者診療をすることへの不安があることです。これらの問題を軽減し、地域医療の現場における専門医教育や医師のキャリアパス形成を支援する体制が必要と考えられます。

e-learningシステムの機能強化等の研究
鹿児島大学病院で利用されているe-learningシステムを、地域の医療機関で働く中堅医師の専門教育にも利用できるよう、内容を充実させ、システムへの機能強化を行いました。卒後臨床研修医に向けた内容から、専門教育的なものまで幅広いメニューを提供させ、バージョンアップしていく予定です。

地域医療コンサルテーションシステム構築
地域医療機関において、全診療科の専門医を網羅・配置することは不可能なため、派遣された医師が専門外の患者や困難な症例診察に適切に対応できるようにする必要があります。そこで、簡便かつ迅速に専門医に相談でき、ITカルテを用いて画像の添付やスマートフォンなどでも対応できるようなシステムを医療情報部 村永講師の指導の下構築しました。医局からの派遣医師を支援するために、院内の医師が利用方法を把握するよう、院内各診療科において村永講師が詳細な説明を行い、院内での使用を試みてもらうよう働きかけました。



(C) 県内で就業する医師のキャリアパス形成支援に係る研究

鹿児島大学各診療科の地域医療支援の実態にもとづき、地域の拠点的病院等に勤務する医師に対し、医師キャリアパス形成支援の一環として学会参加費や資格習得用等プログラム実施に要する経費の助成を行いました。

  • 生涯学習プログラム作成
  • 派遣医師のキャリアパス形成に必要な支援


(D) 患者紹介・受入体制構築に資する地域連携データベースの作成

医師の業務負担軽減のために地域連携データベースの構築として、ホームページ上に医療機関データベースサイトならびにガイドブックを公開、運用しました。
【目的】ソーシャルワーカー等によって患者紹介等が円滑に対応出来るようなネットワークを整備することにより、医師等の負担軽減を図り、関係者が円滑に患者の支援ができるようにする。
鹿児島県 地域医療情報データベース せごどん



(E) 研究成果等普及啓発を図るためのシンポジウムの開催

二次医療圏毎にシンポジウムを開催し、地域医療支援方策策定に示された地域医療供給体制の経過報告と、それに伴う各地域医療の話題提供を行いました。

垂水市   「みんなで支える医療とまちづくりシンポジウム」
日  時  平成25年7月6日
場  所  垂水市民文化会館
参加者数  医療・介護関係者:255名 行政:85名 一般:420名 関係者:40名 計800名
曽 於   「曽於地域医療シンポジウム」
日  時  平成25年8月10日
場  所  大隅文化会館
参加者数  医療・介護関係者:234名 行政:31名 一般:282名 関係者:8名 計555名
さつま町  「地域医療を考えるシンポジウム」
日  時  平成25年9月10日
場  所  さつま町鶴田中央公民館
参加者数  医療・介護関係者:56名 行政:36名 一般:235名 関係者:21名 計348名
西之表市  「地域医療シンポジウム」
日  時  平成26年1月18日
場  所  西之表市民会館
参加者数  医療・介護関係者:41名 行政:24名 一般:155名 関係者:40名 計260名
なんぐう  「地域医療を考えるシンポジウム」
日  時  平成26年3月1日
場  所  錦江町文化会館
参加者数  医療・介護関係者:101名 行政:43名 一般:110名 関係者:50名 計304名


これまでのシンポジウムPDFダウンロード